TOPパイプのコラム > メシャム・パイプ
パイプのコラム

メシャム・パイプ

<初めて吸ったときの感想>
もう当分パイプは買わないつもりで、ずっとずっと以前から欲しかったメシャム・パイプをとうとう購入。スモーカーとしては、最低1本は持っておきたかったものだ。どうせメシャムを買うなら、立派な彫刻が施されたパイプがいいと思っていので、最もそれらしい人面タイプのメシャム・パイプの中から、特にほりの深い顔をチョイスして買った。これなら底が平べったいので、パイプ・レストがなくても大丈夫だ。トルコ製で、値段は1万1千円くらいだった。
メシャム・パイプの特徴は、その高級感にある。彫刻も立派だし、さらに高級感あふれるパイプ・ケースまでついてくるので、使うのがもったいない気がしてくる。なんだか素手でさわるのももったいないくらいだ。
しかし使わないことには意味はない。まずは新品メシャム・パイプを買ったときの恒例行事として、ボウルの内側をなめてみた。ペタッと舌が内側に吸い付き、その吸水性に感動である。
普段エボナイトの吸い口をくわえ慣れているせいか、メシャムのこのステムはやや違和感がある。これは琥珀なのだろうか? 僕には普通のプラスチックにしか見えないけど・・・。これがエボナイトのように柔らかくないので、意外にも噛み傷が付きやすく、一度深い傷がつくと、傷が舌にあたってチクチクして気になるのだ。
吸ってみた感想として、煙草の味は普通のブライヤー・パイプとほとんど変わらない気がした。ジュースも普通に発生する。
僕は着火が下手なのか、すでに1回目の喫煙で、ボウルの頭をマッチの火で少し焦がして茶色く変色させてしまった。爪の跡や指紋の跡もちょっと目立つ。うーん、なかなか難しい。でも僕が一番悲しいのは、清掃中にモールが引っかかって煙道のところが少し欠けてしまったことだ。まだ3回くらいしか使ってなかったので、この傷を見るたびに悲しくなってくるのだが、そこでむしゃくしゃしていてはパイプ・スモーカーの名が廃れる。ともかくこれは、それだけデリケートなパイプってことだ。
メシャム・パイプのいいところは、立派なパイプで吸っているという優越感と、そのありがたみだろうか。だからイギリスタイプの煙草は格別にうまく感じた。個人的にはブライヤーよりもメシャムの方が好きである。(2005/7/4)

<掲示板でのご意見を参考にして>
さっそく掲示板にレスポンスが返って来た。ド素人の僕に色々と親切にアドバイスしてくれるその名もメシャムさん!から教えてもらいました。なるほど。メシャム部は触っちゃいけないらしい。いかんいかん。おもいっきし触っていた。指紋がつくと色がつきにくくなるとのこと。で、ステムの材質は何かと思っていたが、アクリルだと判明。たしかにアクリルなら納得。琥珀だと高すぎて僕には買えないびっくりする金額らしい。さらにメシャムは焦げないらしく、カーボンがなくてもいいとのこと。へー。またひとつかしこくなりました。メシャムさんありがとう!(2005/7/5)

<吸い慣れてからの感想>
もうしばらくお待ち下さい。

シネマコミュニティの案内