TOP > パイプの葉
パイプの葉

 このコーナーでは僕が吸った煙草の感想を書いています。初めて吸った時の感想と、何度も吸い慣れてからの感想の2パターンで書いています。

*イギリスタイプ
(水分が多い。ヴァージニア葉が主に使われる。香料を使わないかわりに、ラタキア葉、ペリク葉などがブレンドされる。通常缶入り)
飛鳥
ウエストモアランド
スリーナンズ
BBB・スコティッシュ・ミクスチャ
ダビドフ・ロイヤルティ・ミクスチャー
ダンヒル・マイ・ミクスチャー965
ダンヒル・マイルド・ブレンド
ダンヒル・ライト・フレーク
ダンヒル・ロイヤル・ヨット
ピーターソン・シャーロック・ホームズ
ビュテラ・ロイヤル・ビンテージ・ラタキア・No.1
ビュテラ・ロイヤル・ビンテージ・ラタキア・No.2
ビル・ベイリーズ・バルカン・ブレンド
マクレーランド・ドミニカン・グローリー
ラットレー・オールド・ゴーリー
ラットレー・ブラック・マロリー

アメリカタイプ
(水分が少ない。トーストしたバーレー葉が主に使われ、かなり香料を用いている。火付きが良く、燃焼スピードが早い)
ゴールデン・ブレンド・チョコレート
ハーフ・アンド・ハーフ
ロックン・チェアII

ヨーロッパタイプ
(イギリスタイプとアメリカタイプの両方の利点を備える。ヴァージニア葉、バーレー葉が主に使われ、様々なブレンドがある)
アンホーラ・フル・アロマ
スイート・ダブリン
セリーニ・クラシコ
ダニッシュ・ブラック・バニラ
テイク・イット・イージー
ビュテラ・ロイヤル・ビンテージ・スイート・キャベンディッシュ
マクレーランド・フロッグモートン
マックバレン・バニラクリーム
メローブリーズ・フルアロマティック
桃山II
ラールセン・クラシック

※その他
(管理人の独自ブレンドや、その他の煙草体験記)
パルタガスの葉

葉の種類

ヴァージニア葉
煙草のメインとなる葉。プレーンのままでもコクのある甘い香りがする。黄色〜橙色。

バーレー葉
空気乾燥させて作る。チョコレートのような甘い香り。香料の吸収性がよく、ブレンドしやすい。喉に刺激がある。褐色。

オリエント葉
日干しし、発酵させて作る。糖のような香り。黄緑色〜褐色。

ラタキア葉
煙で燻して作る。強い燻臭の中に甘酸っぱいうまみがある。黒色。

ペリク葉
樽漬けし加圧発酵させて作る。漬け物のような臭みがあり、水分が高い。甘酸っぱい香り。黒色。

シネマコミュニティの案内