TOPパイプの葉 > ラタキアNo.2
パイプが似合う男

ビュテラ・ラタキアNo.2

ビュテラ・ラタキアNo.2

アメリカ産 50g 2200円

<初めて吸った時の感想>
ラタキアNo.1」はかなりアタリだった。依存するほどにうまいと思う。しかし「ラタキアNo.1」を知っていて「No.2」を知らないのでは、ビュテラさんに申し訳ない気がしてきたので、「No.2」も買ってみた。二つ試さないことにはどちらがうまいかわからないし、ひょっとしたら「No.2」の方が「No.1」よりもアップグレードしてうまいかもしれないという期待があった。
僕はもう「No.1」はすべて吸い終わっていたので、比較できないのが残念だが、記憶をたどるなら、「No.2」の方がラタキア感が弱くなっているような印象がある。缶を開けたときのプスッという空気音はあいかわらず豪快で気持ちが良いが、開封してすぐに漂ってくる葉の香りがたまらない。同じ日に試した「フロッグモートン」の化粧を塗りたくったような香りとはずいぶんと印象が違っている。「No.2」は葉っぱを嗅いでいるだけでも満足感があり、すぐにでも吸いたくなる。燻したような香りが食欲をそそる。
さて、着火してみると、やはりうまい。僕が常喫しているダンヒルの「965」ほどのエレガントさはないが、ボリューム感がある。毎日吸いたいとは思わないが、ある日突然ガツンと一服吸いたくなること間違いなしだ。「No.1」と「No.2」、このどちらかは、スモーカーのマスト・アイテムだ。(2005/9/17)

<吸い慣れてからの感想>
すっかり「ラタキアNo.2」が大好きになってしまった。この前、10銘柄ほどパイプたばこをまとめて購入したのだが、「No.2」がおいしすぎて、なかなか他の銘柄を試そうという気になれず、こればっかり吸っている。それほど好きだ。「No.1」よりもいいんじゃないかと思う。香料は使っていないけれども、ビュテラのラタキアは、それそのものが強度の香料みたいなもの。とはいっても匂いとか香りのたぐいじゃなくて、味覚的な甘さだ。煙を口にゆっくりと含んでいき、次に煙をプーッと吹くのではなく、口を開けて、ふわっと口のまわりから煙をたちあがらせよう。そうすると、口に含むときと、ふわっと吹くときに、それぞれ異なる甘い味がする。舌で味わうのとはちょっと違う。どこに味覚があるのか、上あごの部分だろうか? こういうあいまいな味もクセになる一因だろう。もはや僕にとって正露丸臭はいっさい感じない。五つ星。今後も絶えずストックしておきたい逸品である。(2005/10/2)

シネマコミュニティの案内