TOPパイプの葉 > 桃山II
パイプが似合う男

桃山桃山

桃山

デンマーク産 50g 800円

 これはもともとは国産の煙草だった。しかも国産第一号である。安土桃山時代にたばこ文明を日本に運んできた南蛮船の絵があしらわれた逸品で、日本のパイプ・スモーカーなら一度は試したものだろう。
 ところが現在はデンマークのマックバレンが製造している。よって、値段もかつてのように安くはないし、味もマックバレン色に染まっているようである。「桃山」でなく「桃山II」としているところが泣かせる。
 とりあえずデンマーク産であることはいったん忘れて、国産煙草を購入するつもりでカプノス六本木にて購入。
 吸ってみた第一印象は極めて良い。バージニア葉ベースで、バーレー葉、インド葉、ペリック葉などをブレンド。香料には天下のラム酒をまぶしている。僕には「パイプといえばラム酒」というイメージが根強くあっただけに、かなり期待していたが、たしかに期待は裏切らなかった。お酒の味がほんのり良い気分にさせてくれる感じである。
 僕はアルコール類がてんでダメだが、お酒自体の香りは好きなので、この煙草の味も僕向きみたいだ。甘さもマイルドな口当たりで、葉そのものの甘さとラム酒の味が絶妙に絡み合っている。これだったら毎日吸ってもいいと思った。
 なお、パウチにはこれは「イギリスタイプ」と明記されてあるが、実態はマックバレン色をもろに感じさせる内容だったので、当サイトでは「ヨーロッパタイプ」に便宜的に分類することにした。(2005/6/4)

シネマコミュニティの案内