TOPパイプの葉 > シャーロック・ホームズ
パイプが似合う男

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ

アイルランド産 50g 1450円

<初めて吸った時の感想>
そりゃダンヒルが「チャップリン」のパイプを作った日にゃ、チャップリン・ファンはなんとしてでも欲しかっただろう。僕もつい先日ダンヒルのチャップリン・パイプの存在を知ったが、狂喜したものである。というのも僕は重度の映画ファンで、チャップリンが大好きだから。この間はKagayaマリリン・モンローのマッチを見付けて衝動買いしたくらいである。「シャーロッモンローのマッチク・ホームズ」という名のつくこの煙草もほとんど衝動買いに近かった。キャラクターの名前がつくだけで売れてしまうのだから人間って単純である。
これ、ほんと、ずるいねえ。「シャーロック・ホームズ」なんてタイトルつけられたら、ホームズ・ファンはついつい買っちゃうでしょうもん。僕もサイトに「シャーロック・ジュニア」というタイトルを冠しているだけあって、この煙草は決して避けて通ることはできないものだった。ピーターソンはシャーロック・ホームズのパイプ・シリーズでも有名だが、ビジネスのうまいところだと感心させられる。
ふたを開けてみると、うーん、なんか知ってる匂いだぞ。「午後の紅茶」のミルクティー味を彷彿とさせる。シャーロック・ホームズが小説の中で吸っていたであろうと思われる煙草をイメージしてあるらしいが、紅茶ってとこがイギリス的である。
もちろんキャラバッシュ・パイプで吸ってみた。気分はすっかりシャーロック・ホームズだ。
喫煙中の香りは結構複雑。イギリスタイプの煙草ってこういう複雑さがいいんだよね。すごく薄味なので、集中して嗅がないと香りを忘れてしまいそうな感じがした。吸っている間もわずかにミルクティの香りが感じられるが、基本は葉っぱ本来の香りといった感じだ。
僕が気に入ったのは味の方かな。結構燃焼スピードが早めで、煙がホットだから、味が少々辛口になる。とはいってもいがらっぽい感じはなく、煙草本来の味という感じがして心地よい。
これといった衝撃は何もないのだが、素朴な味わいがあった。割と好きな煙草である。 (2005/6/9)

<吸い慣れてからの感想>
もうしばらくお待ち下さい。

シネマコミュニティの案内