TOPパイプの葉 > スリーナンズ
パイプが似合う男

スリーナンズ

スリーナンズ

デンマーク産 50g 1700円

<初めて吸った時の感想>
 スリーナンズはゼフィルスで購入。正直に書くと、これの第一印象はショボかった。まだ初心者の僕にはとても難しすぎる。
 バージニア葉は、シンプルにして、高級で、上級者向き。スモーカーを選ぶたばこだと言える。バージニア葉がわかるようになって、やっと一人前のスモーカーといえるのではないか。
 スリーナンズはバージニア葉にペリク葉を付け足してバージニア葉の味を引き立てるという内容だ。開けてみて、葉巻を輪切りにしたようなカットにちょっと喫煙欲を刺激される。ドロッとしているようで、匂いも独特で、匂いだけでも酸っぱい感じがする。
 こやつをどう詰めたらいいのかわからない。とりあえず僕はぐしゃぐしゃにして詰めてみたが、吸ってみたところ、ただごはんをそのまま食べているような、そんな味気なさの中に、もろにたばこ臭が直接口の中を占領し、なんだかイヤな感じがした。おそらく燃焼しすぎたのだろう。僕が最近試したダンヒルのライトフレークや、ラットレーのオールド・ゴーリーも、素人の僕の第一印象は変わらなかった。酒にも好き嫌いがあるように、パイプにも好き嫌いがあるのかもしれない。この良さがわかるようになれば、大手を振ってパイプ自慢ができるってもんだ。僕にひとつの目標ができた。(2005/7/31)

<吸い慣れてからの感想>
 しばらくの間、ずっと「飛鳥」だけを吸い続けてきたので、もう落ち着いちゃったせいで、長いこと更新も滞りがちだった。そこで、久しぶりに別のたばこもいいかなと、放置状態だった「スリーナンズ」を何度かふかしてみた。今更だけど、やっとこさ慣れてきたような気がする。コツは、そのカタマリのまま、とくにほぐさずに、ギュッギュと隙間を埋めるように詰め込むことなんじゃないかなぁと思った。
 なにがうまいのかというと、たばこらしさってとこだろうか。駅のホームの喫煙ブースの前を通るとき、シガレットの煙がただよってきて、すごいたばこ臭がするものだが、あのたばこ臭から紙の匂いを差し引いた香りである。そこに、ペリク独特の漬け物風の臭みが加味される感じだ。はっきりいって臭い。いつ吸っても臭いのだが、この臭みがたまらないうまさである。割とこの臭みが癖にもなるし、あー、ニコチン補給してるなぁという感覚を実感できる。なかなか気に入ったが、これを吸った後、口臭がやや気になる。肺にも少しばかり煙がからみつくのか、その翌日、仕事の最中もなんとなく前日のペリク臭が口に残った感じがする。でも不快なものではなく、心地よい臭みである。また買いたいとは思わないが、一度試すべき価値はあろう。(2006/1/17)

シネマコミュニティの案内